特徴

OCNモバイルONEの節約モードを検証!データ通信容量が減らないのは本当だった?

OCNモバイルONEのターボと通信

OCNモバイルONEには、データ通信容量を調整できる節約モード(旧:ターボ機能)があります。

この機能は、OCNアプリ(専用アプリ)を使うと高速通信から低速通信に切替(その逆もOK)ができます。しかも、自分で切替ができるため、タイミングに合わせて毎日のデータ通信容量を調整できます。

  • ところで、節約モードはどんな時に活用したらお得なのか?
  • そもそもデータ通信容量が本当に減らないのか?

この記事では、節約モードについて機能の特徴や注意点を詳しくまとめています。

また、実際に節約モードを使ってデータ通信容量の増減を検証しています。こちらも、是非ご覧下さい。

【準備】節約モードを利用する前に

節約モードは、OCNアプリ(専用アプリ)に搭載している機能の1つです。まずは、OCNアプリを入手する必要があります。

OCNアプリはOSごとに入手先が異なります。iPhoneはApp Store、AndroidはGoogle Playからインストールして下さい。

OCNアプリは無料でインストールできます。

OCNアプリのインストール方法(画像付)はこちら

【OCNアプリに搭載】節約モードの特徴

節約モードは、一言で表すとデータ通信容量を節約できる機能です。利用すると、主に下記のメリットがあります。

節約モードのメリット

  • 高速通信と低速通信の切替でデータ通信容量を調整できる
  • 自分のタイミングに合わせて調整できる
  • SIMカードごとに設定できる

例えば、メールやLINEといったデータ通信容量が小さい場合は、低速通信(節約モードON)にすることでデータ通信容量を節約できます。

逆に、ネットサーフィンや動画のダウンロードを行う場合は大量のデータ通信容量が必要になるため、そんな時は高速通信のまま使います。(節約モードOFF)

このように、スマホの使い方に合わせて節約モードを活用することで自由自在にデータ通信容量を管理できます。

また、容量シェア(例:家族同士や1人複数台持ちといった複数回線)を契約しても、節約モードを利用できます。

SIMカード(1回線)ごとに節約モードを設定できるため、各個人でデータ通信容量も調整できます。

例えば、容量シェアを家族同士で使っている場合、お子さん1人だけがゲームアプリなどを行ってデータ通信容量を多く使うと思います。そのような場合は事前にお子さんだけを節約モードにすることで、データ通信容量を管理できます。

その結果、容量シェアを契約している家族全員がデータ通信容量の超過による速度制限を防ぎ、連帯責任を防止できます。

【参考】家族同士で使える容量シェア

OCNモバイルONEの節約モードを検証!

節約モードを使うと、本当にデータ通信容量が減らないのか?

はじめてこの機能を知った方は、ちょっと疑問に思いますよね。私もその1人でした。

そこで実際に節約モードを使って検証してみました。

OCNアプリの画面(節約モードON)

使い方はとても簡単です。OCNアプリをタップしたら、画面右下にある節約モードをONにスライドさせます。

この状態(節約モードON)で、いつも通りにデータ通信を使いまくってみます。

今回は、膨大なデータ通信容量を使うためにネットの閲覧やYouTubeの再生、音楽再生、メールやLINE、FacebookやTwitterといったSNSなどを、やりまくってみました。

時間にして約21時間!その結果はというと?

OCNアプリの画面(節約モードONの検証結果)

なんと、データ通信容量が全く減っていませんでした。

もちろん契約しているデータ通信容量も消費されませんでした。

【OCNモバイルONE】節約モードを使った感想

OCNアプリに搭載している節約モードをONにすると、通信速度が200kbpsに変更されます。

通常(節約モードOFF)では最大262mbpsの高速通信であるため、ネット閲覧や動画の再生もサクサク動きます。

しかし、節約モードをONにすると次のような変化が起こることが分かりました。

【体験談】節約モードを使った通信速度の変化!

  • 動画の画質が悪くなる ※Blu-rayとDVDを比較したような画質の感覚
  • 動画のダウンロード時間が3倍ほど必要
  • 音楽のストリーミング再生までの時間が3倍ほど必要
  • ネットの閲覧はほんの少し遅くなる ※体感で3~5秒程度
  • メールやLINEアプリは変化なし
  • FacebookやTwitterの表示時間が少し遅くなる ※体感で5~10秒程度

【参考】速度制限中と節約モードONのスピード比較

特にネットの閲覧やSNSは、体感的にほぼ変わりません。節約モードONでも十分使えます。

動画や音楽再生に関しては、ダウンロードの待ち時間が増えるものの、しっかりと再生できます。個人的に思っている以上に不便を感じませんでした。

また速度制限に関してキャリアと比較すると、サイト管理人が当時契約していたドコモは128kbpsです。それに対してOCNモバイルONEの節約モードONは200kbpsであるため、約1.5倍も速いです。体感的にOCNモバイルONEの方が全然マシでした。

節約モードの注意点

節約モードはデータ通信容量(高速通信)を節約できるメリットがありますが、デメリットもあります。1つ落とし穴があるため注意して下さい。

重要

  • 節約モード中に、契約中のデータ通信容量が半分消費された場合、さらに超低速になる(新コースの場合)
  • 節約モード中に、契約中のデータ通信容量が半分消費された場合、速度は変わらない(新コース以外の場合)

OCNモバイルONEには、新コースと新コース以外(旧コース)があるのですが、新コースには2段階目の速度制限(超低速)があります。超低速は60kbpsです。

超低速になると動画や音楽の再生はもちろんですが、ネット閲覧やSMS(特に画像が多い場合)でさえも困難になるため、ストレスが増大します。これはOCNモバイルONEのデメリットの1つです。

当サイト管理人のように新コース以外(検証時)を契約している方は、2段階目の速度制限が発生しないためデータ通信容量を気にする必要なく節約モードを使えますが、新コース契約者は節約モードの使い過ぎには十分に注意して下さい。

【参考】OCNモバイルONEのデメリット

節約モードはこんな人におすすめ!

今回節約モードの検証を終えて、おすすめ(使った方が良い)の人が分かりました。

こんな人がおすすめ!

  • 動画を全く見ない方
  • 音楽を全く聴かない方
  • メールやLINEが多い方
  • SNS(文字中心の投稿)が多い方
  • スマホをほとんど触らない方

上記の方であれば、節約モードを1ヶ月間利用しても不自由なく普通に使えると思います。

例えば、新コースの500MB/月コース(音声対応SIMの場合)を契約すれば月額基本料金は550円です。しかも無料通話(10分相当)も付いてきます。他に1GB/月コースも月額770円で利用できるため、コスパも高いです。

それ以外のコースは、2段階目の速度制限(超低速)にならないように、適度に節約モードを使うと良いと思います。

新規契約時に、データ通信容量が少し多いコースを選択するのも1つの方法です。2段階目の速度制限(超低速)の条件が緩和されます。

【参考】OCNモバイルONEのプランやコース

OCNモバイルONE

注目のキャンペーン情報!

moto g32、Redomi Note 11、OPPO A55s 5Gが大幅に値引きされており超注目!他にSHARPのAQUOSシリーズも特価価格になっています。

さらにSAHRP、OPPO、Xiami、ASUS、Motorolaといったメーカーの最新機種も多数揃っていて超注目です。

OCNモバイルONE

機種変更の端末を探すなら

OCNモバイルONEで使えるiPhone
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

管理人:小澤和之

当サイトをご覧頂き誠にありがとうございます。管理人の小澤和之です。OCNモバイルONEに関する体験談や設定方法、サービスなどの特徴といったコンテンツをお届けしています。また格安SIMに関して不安や疑問がある方はご相談もお待ちしております。

今イチオシの記事

OCNモバイルONEのキャンペーン 1

OCNモバイルONEでは、さまざまな内容のキャンペーンを定期的に開催しています。 キャンペーン内容も多種多様です。例えば初期費用や月額基本料金の割引といった新規契約者や乗り換え(MNP転入)向けのキャ ...

-特徴