設定方法

【Androidから機種変更】データ移行は超簡単!iPhoneもアプリを使えばOK

AndroidからAndroidもしくはiPhoneへ機種変更

Androidから機種変更する場合、機種変更後のOSによってデータ移行方法が大きく変わってきます。

AndroidからAndroidに機種変更する場合、Googleドライブだけでデータ移行ができるため、とても簡単です。

AndroidからiPhoneへ機種変更する場合、OSが異なるため直接データ移行ができません。代わりにMove to iOSというアプリを使う必要があります。

どちらのOSに機種変更する場合でも、データ移行の手順や注意点さえ間違えなければ、はじめても簡単に作業を行うことができます。

この記事では、AndroidからAndroid、AndroidからiPhoneのパターン分けてデータ移行方法をまとめています。

これから、Androidから機種変更する方は是非参考にしてみて下さい。

【AndroidからAndroidに機種変更】データ移行方法

AndroidからAndroidへ機種変更

Android同士で機種変更する場合は、データ移行方法がとても簡単です。

Googleドライブを使って各種データ(連絡先、ブックマーク、カレンダー、Gmailなど)をバックアップすれば、新端末で復元できます。

注意

Googleドライブを使ってデータを移行する場合、OSのバージョンが関係します。機種変更前の端末と機種変更後の端末のいづれもバージョン6以降が条件です。

古いバージョンではデータ移行をできないため、最新バージョンにアップデートしておいて下さい。

【ステップ1】データのバックアップ(機種変更前のAndroid端末)

AndroidからAndroidのデータ移行手順1

機種変更前の端末で「設定アプリ」をタップします。

AndroidからAndroidのデータ移行手順2

次に下の側にある「システム」をタップします。

AndroidからAndroidのデータ移行手順3

「バックアップ」をタップします。

AndroidからAndroidのデータ移行手順4

「Google One バックアップ」をON(右にスライド)したら、「今すぐバックアップ」をタップします。

これでGoogleドライブに、データがバックアップされました。

【ステップ2】データの復元(機種変更後のAndroid端末)

機種変更後の端末でGoogleアカウントでログインします。

次に「アプリのデータのコピー」の画面で「次へ」をタップします。

すると、機種変更前にバックアップしていたデータが表示されるため、あとは復元すればデータ移行が完了します。

LINEアプリなど個別にインストールしたアプリは、1つ1つデータ移行の作業が必要です。

【参考】LINEアプリのアカウントの引き継ぎについて

【AndroidからiPhoneに機種変更】データ移行方法

AndroidからiPhoneへ機種変更

AndroidからiPhoneに機種変更する場合、データ移行は専用アプリの「Move to iOS」を利用します。

Move to iOSはGoogle Playからインストールできます。

Move to iOSのインストールはこちら

AndroidのMove to iOS

Move to iOSを使う場合の条件

  • iPhoneのバージョンが9以降であること
  • 2つの端末がWi-Fi接続が可能であること
  • 2つの端末が必ず近くにあること

【ステップ1】Move to iOSのデータ移動方法(Android側)

Android側のMove to iOSのデータ移動方法1

Google PlayからMove to iOSをインストールしたら、まずはタップします。

Android側のMove to iOSのデータ移動方法2

すると、「iOSに移行」という画面が表示されるため、「続ける」をタップします。

Android側のMove to iOSのデータ移動方法3

次に利用条件の画面になり、「同意する」をタップします。

Android側のMove to iOSのデータ移動方法4

こちらはコードを検索画面になります。「次へ」をタップします。

Android側のMove to iOSのデータ移動方法5

するとコード入力の画面になりますが、Android側の作業はここでいったんおいて、そのままの画面を開いておいて下さい。

【ステップ2】Move to iOSのデータ移動方法(iPhone側)

初期設定のiPhoneになっていない場合は、まずは一度リセットを行って下さい。

「設定アプリ」→「一般」→「リセット」→「すべての設定をリセット」

注意

iPhone内にデータを入れていた方は、リセットを行うと元のデータは完全に消えます。iPhone側のデータを保存したい方は、iCloudなどにバックアップしておいて下さい。

Move to iOSを使ったiPhone側の設定1

初期設定のiPhoneをタップして進んでいくと、Appとデータという画面になります。「Androidからデータを移行」をタップして下さい。

Move to iOSを使ったiPhone側の設定2

さらに「続ける」をタップし、「6桁もしくは10桁のコード」を確認します。

この6桁もしくは10桁のコードが、機種変更前のAndroid側の操作で使います。

そのまま画面で開いておいて下さい。

【ステップ3】Move to iOSのデータ移動方法(Android側)

Android側のMove to iOSのデータ移動方法6

Android側にはコード入力の画面が表示されているため、iPhone側で表示されている6桁もしくは10桁のコードを入力して下さい。

10桁を入力したい時は、「10桁のコードがあります」をタップすれば入力可能です。

データ移行が完了すると、「転送が完了しました」という表示になります。

最後に、iPhone側の画面を見るとデータが移行されているのが分かります。

まとめ

Androidから機種変更する場合、機種変更後のOSの種類によってデータ移行方法が異なります。

機種変更後の端末がAndroidであれば、同じOS同士であるためGoogleドライブを使います。バックアップと復元の2つの作業を行えば、簡単にデータ移行が完了します。

一方、機種変更後の端末がiPhoneの場合、OSが異なるためMove to iOSという専用のアプリを使ってデータ移行を行います。利用するには条件が必要ですが、簡単な操作(タップと入力)であるため特別難しくはありません。

このように、AndroidからどちらのOSに機種変更をしても簡単にデータ移行ができます。必要な方は、是非挑戦してみて下さい。

注目のキャンペーン情報!

moto g32、Redomi Note 11、OPPO A55s 5Gが大幅に値引きされており超注目!他にSHARPのAQUOSシリーズも特価価格になっています。

さらにSAHRP、OPPO、Xiami、ASUS、Motorolaといったメーカーの最新機種も多数揃っていて超注目です。

OCNモバイルONE

機種変更の端末を探すなら

OCNモバイルONEで使えるiPhone
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

管理人:小澤和之

当サイトをご覧頂き誠にありがとうございます。管理人の小澤和之です。OCNモバイルONEに関する体験談や設定方法、サービスなどの特徴といったコンテンツをお届けしています。また格安SIMに関して不安や疑問がある方はご相談もお待ちしております。

今イチオシの記事

OCNモバイルONEのキャンペーン 1

OCNモバイルONEでは、さまざまな内容のキャンペーンを定期的に開催しています。 キャンペーン内容も多種多様です。例えば初期費用や月額基本料金の割引といった新規契約者や乗り換え(MNP転入)向けのキャ ...

-設定方法