OCNモバイルONEを利用してキャリア決済限定のサービスに登録する技!

OCNモバイルONEと技

格安simのOCNモバイルONEを利用すると、キャリア決済限定のサービスには登録することができません。

一部のモバイルサイトは、まだまだ3大キャリアのみしか登録できず、OCNモバイルONEをはじめすべての格安simは登録することすらできません。

 

なんで登録できないんだよ!差別じゃないか!と、心の隅で思うかもしれません。

しかし、私も色々な方法を試しましたが、今のところ格安simだけでは登録ができません。

 

そのため、どうしても格安simを利用しながらキャリア決済限定のサービスを利用したい場合は、ある技を行うことで解決することができます。

キャリア決済限定のサービスに登録する条件

まずキャリア決済限定のサービスに登録するためには、3つの条件を知っておかなければいけません。

  • 3大キャリアであること
  • IDが必要であること
  • 電話番号(ネットワーク番号)、メールアドレスが必要なこと

特に3番目の条件である電話番号(ネットワーク番号)、メールアドレスに関しては、MNP変更(格安simに電話番号を移行)をしてしまうと、利用ができません。

 

そのため今現在格安simを利用している方は、サブで2代目のガラケーを契約しそしてそのサブのメールアドレスをメインである格安simのスマホに転送することで、この条件をクリアすることができます。

OCNモバイルONEを使ってモバイルサイトを使用するための図

一方で、まだ格安simを利用していない方は、まずメインのスマホにMNP変更、そしてサブにはメールアドレスだけを移動します。

その後サブからメインへメールアドレスを転送する仕組みを作ることで、モバイルコンテンツサイトに登録できるだけでなく、月額利用料金も今よりも格安にすることができます。

現在ドコモユーザーの方(現在のメールアドレスを利用したい方)

今現在、ドコモを使っている方はラッキーです!

というのも、3大キャリアのうちドコモだけが使っているスマホ以外からもドコモIDを使うことができます。

つまり、さきほど紹介したサブからメインスマホへ転送する仕組みを行うことができます。

ドコモID

まずドコモユーザーの方は、現在のメールアドレスを格安simであるOCNモバイルONEで利用するためには、事前にメールアドレスを少し変更する必要があります。

 

というのも、MNP変更でOCNモバイルONEに移行してしまうと現在のメールアドレスをさきほどの仕組みを使っても受信することができません。

これはドコモの次の2つの条件によって制限されてしまうからです。

ドコモのメールアドレスの変更条件
  • メールアドレスを変更すると24時間必要
  • 現在のメールアドレスは180日間保有権利がある

 

特に2つ目の条件は、他人にメールアドレスを簡単に取得されないように、ドコモ側で保護しています。

そのため、この条件をうまくすり抜けることで新しくOCNモバイルONEに移行してからも、ある技を使って現在のメールアドレスを使えるようにします。

【ステップ1】メールアドレスの変更

まず、メールアドレスの変更は最低でも2回行う必要があります。

これはドコモ側のシステム上、変更する1つ前のメールアドレスは、本人に認識してしまうからです。

 

なので、分かりやすいように3つのメールアドレスを分けて説明していきます。

  • 保持したいドコモメールアドレス(保持@docomo.ne.jp)
  • 捨てるドコモメールアドレス1(捨てる1@docomo.ne.jp)
  • 捨てるドコモメールアドレス2(捨てる2@docomo.ne.jp)
新しい携帯に現在のメールアドレスの権利を移す流れ

①今使っている携帯から保持したいドコモメールアドレス(保持@docomo.ne.jp) → 捨てるドコモメールアドレス1(捨てる1@docomo.ne.jp)

②24時間待ち

③今使っている携帯から捨てるドコモメールアドレス1(捨てる1@docomo.ne.jp) → 捨てるドコモメールアドレス2(捨てる2@docomo.ne.jp)

④【サブ】新しい携帯に保持したいドコモメールアドレス(保持@docomo.ne.jp)を取得(契約後登録)

【ステップ2】サブの2台目の携帯を契約

サブの携帯ではメールアドレス取得用であるため、最低限のプランと契約すればOKです!

FOMAプランを契約
  • タイプシンプルバリュー 743円
  • SPモード 300円合計(税抜) 1,043円

契約後、保持したいメールアドレスを使えるように設定します。

これで、元のメールアドレスが無事に戻ってきました。

その後、メインのスマホでもメールアドレスを受信できるようにマルチデバイス設定を行います。

【ステップ3】メインのスマホと契約(MNP変更)

【メイン】のスマホにOCNモバイルONEを契約します。 ※MNP変更

OCNモバイルONEの申し込みはこちら

 

これで現在使っている電話番号を新しいスマホでも使うことができます。

ここで、サブメールからのメールアドレスがメインのアドレスに受信できるかどうか確認をしておきます。受信できればOKです。

【ステップ4】キャリア決済限定のサービスに登録

無事、ドコモのメールアドレスを取得できたので、あとはドコモIDと電話番号、そしてネットワーク番号を使ってお目当てのサービスに登録ができます。

現在ソフトバンクやauユーザーの方(新規にドコモのメールアドレスを取得する方)

ソフトバンクとauとドコモID

ソフトバンクやauではマルチデバイス設定を行うことができないため、サブからのドコモIDを取得、そして転送する必要があります。

そしてメインのスマホもOCNモバイルONEにMNP変更しておきます。

【ステップ1】メインのスマホと契約(MNP変更)

まずメインのスマホをOCEモバイルONEの格安simに変更するため、MNP変更(電話番号)を行います。

【ステップ2】サブの2台目の携帯を契約

ドコモのプランのなかでも最も安いもので良いため、次のような契約をします。

FOMAプランを契約
  • タイプシンプルバリュー 743円
  • SPモード 300円合計(税抜) 1,043円

※ドコモのメールアドレスを取得(アドレス名は自由に決めてOK!)

【ステップ3】サブからメインへの転送設定

取得したメールアドレスをドコモIDとして登録し、その後ドコモIDをメインのスマホでも使うことができるように、サブの携帯側からマルチデバイス設定を行います。

【ステップ4】キャリア決済限定のサービスに登録

メインのスマホでもドコモIDを使うことができるようになるため、あとは自分がお好きなサービスに登録すればOKです!

すでに格安simを利用している方

simとドコモID

すでに格安simのスマホを使っている方は、ドコモIDを取得することが第一!

そしてメインのスマホでも使えるようにマルチデバイス設定を行います。

【ステップ1】サブの2台目の携帯を契約

プランは、ドコモの中でも最安値プランを選択します、

FOMAプランを契約
  • タイプシンプルバリュー 743円
  • SPモード 300円合計(税抜) 1,043円

ちなみに格安simとドコモIDだけを使って、例えばモバイルサイトに登録しようとすると、エラーメッセージが出てきます。

絶対、登録することができないため、サブの携帯をまずは取得しましょう!

ドコモIDのエラー

【ステップ2】サブからメインへの転送設定

サブで取得したメールアドレスをドコモIDとして使えるように、まずはドコモIDを登録。

その後、ドコモIDをメインのスマホでも使えるように、サブの携帯側からマルチデバイス設定を行います。

【ステップ3】キャリア決済限定のサービスに登録

メインのスマホでもドコモIDを使えるようになるので、最後に、自分がお好きなサービスに登録すればOKです!

まとめ

どのパターンも、ドコモIDは必須でありメインのスマホでも登録できるようにマルチデバイス設定を行う必要があります。

そうすれば不可能であったキャリア決済限定のサービスに登録ができ、さらに格安simであるOCNモバイルONEも利用することができます。

 

実際、この技を使うことでメインのスマホは月額2,000円程度、サブの携帯は月額1,000円程度になり、合計3,000円。

なんと2台持っても、3大キャリアの2分の1の金額で使うことができます。

だから、格安simでキャリア決済限定のサービスをどうしても使いたかった方は、この技を使うことで大幅にお得にもなっちゃいますよ!

\月額基本料金も節約しながらキャリア決済のサービスを利用したい方!/

OCNモバイルONEの申し込みはこちら

キャンペーンあり!月額利用料金を見直したい方はこちら

新生活応援割で、なんと2年間の月額基本料金が1,280円から利用可能に!

また音声対応SIM(SIM単品)で契約すると、アマゾンギフト券を最大で10,000円もプレゼントされます!

OCNモバイルONE/OCN光

コメントは受け付けていません。

OCNモバイルONE/OCN光